Archive for category: 投資全般

投資信託の基本は少額で分散投資が可能

29 6月, 2015 (00:00) | 投資全般 | By: admin

投資信託という投資商品が一般化されてきています。投資信託は小口での投資を可能にしたもので、資産運用を考える一般の方もどんどん購入していっています。投資信託の魅力は色々とありますが、その中のメリットとして分散投資ができるということです。投資全般に言えることですが、資産をいくつかの商品に分けて投資をすることでリスクも分散することができます。たとえば一つの株式を購入したとして、その株式が一気に値下がりしてしまったら資産は目減りします。最悪の場合、その購入した企業が倒産してしまえば、購入した株式の価値はなくなってしまいます。たちまち大損することになってしまいます。そのため、リスクを少なくさせるために投資先は分散させるのが基本と言われています。 しかし、分散投資のデメリットは投資の資金がたくさんないことには分散投資ができません。株式は数百万する銘柄がたくさんあります。分散して購入するとなると、余程潤沢な資金がないことには不可能です。 投資信託が支持される理由として、小口のお金を集めてまとまった資金で運用するので様々な資産に分散投資します。それによってリスクを回避することになりますので、少額でローリスクな投資ができます。

不動産投資でうまく貯蓄する方法

25 1月, 2015 (00:00) | 投資全般 | By: admin

資産づくりはうまく行わないと、せっかく貯めた資産や資金を失ってしまうことがあります。そこで、資産形成においてはしっかりと行わないと、十分な資金を作ることができなくなるのです。 資金形成の方法としてよく行われている銀行の預金がありますが、この方法は低金利であまり利息がつかず、資産が貯まりません。そして、株への投資においても株価が不安定なことから株の購入においても少し様子を見るべきとされています。 また、株価の下落や企業倒産が考えられますので、いま満足できる資産をつくる方法として、投資が期待されるようになっているといってよいでしょう。 しかし、投資はどうしてもリスク大きいことから、投資では注意しなければならないことが多くあるといわれています。投資でも比較的に安心できる投資方法がよく、日本では、不動産投資が再び注目されるようになっています。 この投資方法は、かつて行なわれてきた土地ころがしといったものではなく、マンションやアパートを購入して、賃貸による家賃収入で収益を得る方法です。これは家賃収入によって安定した貯蓄を可能としてくれる投資方法として注目されるようになっています。今後の不動産投資として、資産形成において主流となることが期待されているのです。 追記:ヘッジファンドに投資するなら

将来インフレになっても安心の変額年金

17 1月, 2015 (00:00) | 投資全般 | By: admin

老後の生活費はたくさん必要になります。その金額も平均寿命を超えるようになる夫婦においては、1億円にもなるといわれています。 しかし、この資金は公的年金によって準備することになるため、今後、支給額が少なくなるとされている公的年金では、十分とはならないようです。そのことから、自分で老後の生活資金を作る必要があるのですが、この資金づくりは簡単なものではないとされています。バブルが崩壊してからは、景気があまりよくなく、金利が低い状態が続いています。これでは、銀行に預金を行なっても利息があまりつかなくなります。 また、積立年金保険でも運用益が期待できないことから、老後の生活資金づくりとしては満足したものとはならないようです。このような運用益で資産を作る方法には、満期保険金が受け取れる年金保険があります。 一般的な年金保険は、契約に受け取れる金額を決めている定額型のものですが、満期保険金が変動する変額年金もあります。変額年金は、投資信託などを活用して資金を運用する保険であるため、満期で受け取る金額は一定ではありません。 この場合、インフレが起きても変額によって対応できるため、老後において必要となる資金を蓄える方法として最適とされています。 なお、変額年金では、保険金額について最低保証が定められていることが多くあります。もし運用がうまくいかなくなったとしても安心できる年金保険です。 変額年金以上に安心出来る投資術はこちらから アブラハム・ウェルスマネジメントの会社情報とグループ会社のご紹介|ビジネスモール 公式サイト以上に情報量が多いのでぜひご確認ください。

リスクが低く安定した投資が人気のインデックス投資

25 11月, 2014 (00:00) | 投資全般 | By: admin

日本はバブルが崩壊してから金利が低い状態が長く続き、景気がよくない状態となっています。資金づくりにおいては、銀行預金や積立年金などが難しくなっているため、なかなか利息がつかないそうです。 これでは、老後の生活づくりとしては効果が期待できないため、今後は老後の生活にゆとりがもてる資金づくりが必要とされるようになっているのです。 いま資金づくりとして投資の活用が行われるようになっています。投資では、高いリスクがあることで知られているため、最近は低リスクで行なえるようになる株式投資の活用が増えています。 株式投資は、投資リスクや投資ストレスが少ないため、大きな資金づくりにおいて効果的といわれています。株式投資の場合、株を買って利益を上げる方法ですが、株価が値上がりすると、利益が得られるようになります。そのことから、比較的に安定した利益を上げることができるといわれていますが、株式投資では、急落によって資産を失うリスクもあります。 そこで、最近は、日経平均を目指して投資を行なうインデックス投資が人気となっています。インデックス投資では、リスクが低くても利益が得られるようになるため、確実に資金が貯められる方法として活用されるようになっています。

長期投資をするなら資産計画を立てよう

8 11月, 2014 (00:00) | 投資全般 | By: admin

タイムイズマネーという言葉がありますが、これは時間の尊さを説いています。今では目の前の時間を大切、という意味が込められていますが、本来は時間をかけることこそがお金を増やす、という意味です。 つまり、投資や資産運用においては時間をかけることこそが資産が育つことなのです。 資産運用で失敗するケースとして急いで利益を出そうとしたり、損失を恐れるがために投機的に資産を投じてしまうことがほとんどです。株価が暴落しても回復をまっていれば、一度減ってしまった資産を引き戻すことも可能なのです。 かといって長期投資をしている内にはたくさんのできごとに遭遇します。相場が良くなることもあれば、悪くなることもあります。一気に大暴落することもあります。しかし、はじめから投資の計画をしっかり持っていれば焦って売却することもなくなります。つまり、長期投資をする上では長期的な資産計画が必要ということです。 そのためには将来必要な資産を把握し、今の手持ちの資金が何%くらいの運用利回りであれば達成できるのか、どのようにリスクヘッジをしていけば良いのかなどを考えることです。これを行うことで欲や恐れに打ち勝つことができますし、投機的になることもありません。 「元本確保研究所」がおすすめする金融サービスは以下をご参照ください。 元本安心の海外投資なら、アブラハムウェルスマネジメント 高岡壮一郎氏が代表取締役を務める金融ベンチャーです。

太陽光発電を取り入れて資産運用

26 10月, 2014 (00:00) | 投資全般 | By: admin

太陽光発電を利用していますか?太陽光発電を自宅の屋根に取り付けることで資産運用につながりますよ。使用していない空いている土地があるなら、そこに太陽光発電パネルを設置すればいいでしょう。 太陽光発電を設置していれば電力会社が電力を買い取ってくれます。ただし、初めに太陽光発電システムを購入するので多くの費用が掛かってしまいます。太陽光発電も投資ですから、多くの費用がかかりますが、その後はリターンが望めます。太陽はなくなることはないので、電力は供給されます。将来的に電力会社が買い取り額を下げることがあるかも知れませんが、確実に利益にはなりますから。 夏には太陽光も強いので、多くの売電収入を得ることができるでしょう。 売電で得たお金を生活費や贅沢品に使ってしまうと、なかなか資産はたまっていきません。多少は使ってもいいですが、あくまで資産運用のための一つの手段なので、収入の何%は貯蓄に回すなどと考えておきましょう。誰でも余計な収入があれば使ってしまいたくなります。しかし、資産を形成するためにもぐっと我慢して貯蓄に回していきましょう。ある程度貯蓄が大きくなるとリスクの少ない投資を行ってさらに資産を増やしていくこともできるのではないでしょうか。

これからの資産運用の必要性

3 10月, 2014 (00:00) | 投資全般 | By: admin

銀行や証券会社の宣伝・広告でも資産運用について訴求していますが、どうして今、資産運用が必要なのでしょうか? 資産運用を始めるのは早ければ早いほど良いと言われています。老後のためのものということで、老後が近付いている方が始めるという印象をお持ちの方も多いのかもしれませんが、早期に着手することでより安定性のある運用が可能になります。 資産運用が必要な理由として、今後ますます進む少子高齢化や公的年金への不安があります。今以上少子高齢化が進んだとしたら、公的年金に大きな影響を与えます。受給額は減るでしょうし、受給開始年齢も引き上げられることが予想されます。また、公的年金の負担額も大きくなる可能性もあります。そうなってしまうと公的年金だけに頼って老後を迎えるのはとてもリスクが高いのです。 そこで老後の生活を支えるために、資産運用の必要性が高まっているのです。 日本は世界でも屈指の長寿国になりました。医療が発達している昨今では今後、より長生きする方が増えてくるだろうと予想できます。つまり、セカンドライフと呼ばれる期間が長引くことになりますので、これまで以上に老後の資金は増やしておかねばならなくなります。そのための資産運用です。 新たな資産運用の在り方を提案する業者を紹介します。 ウェルスマネジメント事業に取り組む企業の特集はこちら ベンチャー経営者のインタビューサイトです。