Archive for category: 保険

無理ないプランで年金が増える

25 4月, 2015 (00:00) | 保険 | By: admin

国民年金保険の受給金額は月額8万円です。少ないように感じるとは思いますが、この受給金額を増やす手段はないのです。将来の年金を増やすには、別種の年金保険に加入する必要があります。国民年金保険以外の年金保険なのですが、個人年金保険なら種類豊富で加入条件もありませんので、老後のために年金の受給金額を増やしたいのであれば加入を考えるべきだと思います。 しかし国民年金保険以外にも年金保険が必要になるとなりますと、掛け金が倍になるという問題も発生してしまいます。ですので個人年金保険の加入を考える前に、契約プランの確認を行なう必要があります。個人年金保険は契約終了まで支払いを続けられませんと意味はありませんので、月々の支払いが問題なく行なえるものを吟味する必要があるのです。 また個人年金保険には、国民年金保険と違いまして積立プランが存在しています。国民年金保険は掛け捨てといいまして、受給までの掛け金は一切戻ってこないのですが、積立は満期の際に今まで支払ってきた掛け金が返済されますので、貯金感覚で年金のための支払いを継続することが可能になるのです。この様なさまざまなプランで計画を立てられるのが、個人年金保険の強みといえます。 個人年金保険と同様に将来の資産形成を助ける運用ノウハウを提供する企業をご紹介します。アブラハムウェルスマネジメント株式会社の企業情報はこちらリスクを抑えた資産形成に関心のある方はぜひご覧ください。

インフレでも損をしない年金選び

6 12月, 2014 (00:00) | 保険 | By: admin

年金なのですが、インフレによる実質的な減額については考えておくべきだと思います。毎月の掛け金を年金は積み立てて運用をしているのですが、世の中の物価があまりにも変化をしすぎてしまいますと、支払いを開始した時の受取額と比較しまして、お金の価値という意味で損をしてしまいます。平均月収が1万円時代の1000円と現在の1000円では昔のほうがお金の価値が高いという事ですね。 つまりは『物価が上がりますと年金は損』という事を覚えていただければ分かりやすいかと思います。その物価の上昇について見逃せないのがアベノミクスという政策です。この政策は国民の年収を上げるために物価の上昇を政府が進めるというものです。確かに働いている世代は、年収が上がって嬉しいことだと思います。しかし年金を受け取る世代にとってはメリットが無い生活を脅かす政策だという指摘がされています。 この将来のインフレに備えまして、個人年金をインフレ対策に特化しているものへと変更する必要があるかと思います。その個人年金は変額年金と呼ばれています。変額年金では、毎月の掛け金が物価によって変化する仕組みを取っておりまして、毎月の家計簿の管理が難しくなる難点があるのですが、その分物価上昇が起こると支給額も増加する仕組みの年金ですので、インフレに強い年金ということです。

貯蓄と安心が得られる貯蓄型保険

1 11月, 2014 (00:00) | 保険 | By: admin

公的年金不安が高まるようになっている日本では、老後の生活においてゆとりある生活ができなくなるといわれています。これでは満足した資金づくりができなくなるといわれていることから、今後は、老後の生活に必要な資金づくりを行なわなくてはならないとされています。 さらに、現役時代においては、もしものときのために、保険に加入する人が多いとされていますが、その保険料は負担になるといわれています。そのことから、資金づくりにおいて難しくなってきているため、負担を減らして貯蓄ができるような方法を検討しなければならないといわれています。 いま保険による保障が得られ、貯蓄もできる保険が注目されるようになっています。貯蓄型保険は、貯蓄性が高い生命保険として知られた保険で、生命保険会社と契約を行なうことによって保険料を払い続けます。この方法では、保険機能と貯蓄機能を得ることができるため、貯蓄型保険は、毎月の保険料の支払い負担を軽くする効果があります。 この保険で知られているものには、子供の教育資金を蓄える学資保険、契約期間のある養老保険があります。いずれも契約者がなくなっても、満期金が得られることが特徴となっています。今後、保険保障を得ながらも老後の生活資金を貯めたり、子供の進学に安心を与える保険として期待されるようになっています。