税制優遇だけでも大きなメリットに

27 2月, 2015 (00:00) | 社会一般 | By: admin

確定拠出年金(401k)のメリットである税制メリットを活かすことによって、確定給付年金にくらべても大きく受け取り金額は変わります。たとえば毎年確定給付年金だったとして毎年積み立てていけば所得税や住民税で大体20%ほどマイナスされてしまいます。それに運用益を得たとしても、そこから更に20%ほど税金がかかりますので、受け取る際には税金が2度かかることになります。

それにくらべて確定給付年金の場合は毎年積み立てているお金は非課税になりますので、元本そのものが積立金として貯まっていきます。さらに、そのお金を運用し続けることによって、運用益である3%貯まり続けますので、毎年1万円ずつ積み立てていった時に、ざっと30%もの差が開きます。これは積立額が同じということが前提で、単純に確定拠出年金のメリットだる税制優遇を利用しただけの差なのです。

いかに確定拠出年金のメリットが大きいのかがよくわかります。

確定拠出年金(401k)は時代の流れによって新たに定められた年金システムですが、今まで馴染みのなかった方に取っては自分で年金の運用をすることに抵抗がある、と感じられることも多かったです。しかし、メリットを見ればとても大きなものになります。

お勧めのサービスをご紹介します。
元本確保型の資産運用に興味がある方はこちら!
富裕層に最適の新事業です。

Write a comment