将来インフレになっても安心の変額年金

17 1月, 2015 (00:00) | 投資全般 | By: admin

老後の生活費はたくさん必要になります。その金額も平均寿命を超えるようになる夫婦においては、1億円にもなるといわれています。

しかし、この資金は公的年金によって準備することになるため、今後、支給額が少なくなるとされている公的年金では、十分とはならないようです。そのことから、自分で老後の生活資金を作る必要があるのですが、この資金づくりは簡単なものではないとされています。バブルが崩壊してからは、景気があまりよくなく、金利が低い状態が続いています。これでは、銀行に預金を行なっても利息があまりつかなくなります。

また、積立年金保険でも運用益が期待できないことから、老後の生活資金づくりとしては満足したものとはならないようです。このような運用益で資産を作る方法には、満期保険金が受け取れる年金保険があります。

一般的な年金保険は、契約に受け取れる金額を決めている定額型のものですが、満期保険金が変動する変額年金もあります。変額年金は、投資信託などを活用して資金を運用する保険であるため、満期で受け取る金額は一定ではありません。

この場合、インフレが起きても変額によって対応できるため、老後において必要となる資金を蓄える方法として最適とされています。

なお、変額年金では、保険金額について最低保証が定められていることが多くあります。もし運用がうまくいかなくなったとしても安心できる年金保険です。

変額年金以上に安心出来る投資術はこちらから
アブラハム・ウェルスマネジメントの会社情報とグループ会社のご紹介|ビジネスモール
公式サイト以上に情報量が多いのでぜひご確認ください。

Write a comment